診療体制

泌尿器科

尿路結石に対する各種内視鏡手術だけでなく
泌尿器科領域のほぼ全ての疾患に対応。

当科は伝統的に尿路結石に対する各種内視鏡手術を得意とし、地域の皆様の一定の評価を得ておりますが、実際は泌尿器科領域のほぼ全ての疾患の診断と治療を行って参りました。また、最新の治療を提供できるよう、日々研鑽を重ね、新しい治療にも積極的に取り組んでいく方針です。

写真は当院体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)

主な対象疾患

  • 排尿障害
  • 尿路結石
  • 尿路感染症
  • 尿路性器癌など

排尿障害の原因は前立腺肥大症がもっとも多く、内服薬の進歩により良くコントロールできるようになりました。しかし、重症の場合は、経尿道的内視鏡切除を行っています。尿路結石は、破砕が必要な場合は、外来でのESWLを原則としていますが、大きな結石では、内視鏡手術も行います。
ホルミウムYAGレーザーと細径尿管鏡を用いて、経尿道的砕石術(TUL)が容易となりました。大きな腎結石に対しては、経皮的結石除去術(PNL)も積極的に行っております。
腎癌、膀胱癌、前立腺癌が泌尿器科領域の癌ではもっとも多く、手術のみならず、抗癌剤による治療も行っています。進行腎癌に対しては、インターフェロン療法、インターロイキン-Ⅱ投与などの免疫療法の他、分子標的治療薬(ソラフェニブとスニチニブ)も使用しています。最近は腎癌、腎尿管癌、副腎腫瘍に対し、腹腔鏡手術も積極的におこなっております。

一般社団法人National Clinical Database(NCD)
手術・治療情報データベース事業への参加について

当科は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。
この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。
この法人における事業を通じて、患者さんにより適切な医療を提供するための医師の適正配置が検討できるだけでなく、当科が患者さんに最善の医療を提供するための参考となる情報を得ることができます。何卒趣旨をご理解の上、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

スタッフ紹介

【泌尿器科主任部長】高野 徳昭(ナルアキ)
卒業年次 平成3年卒
専門分野 泌尿器科一般
認定 日本泌尿器学会 専門医・指導医
日本泌尿器科学会西日本支部 評議員

【泌尿器科部長】田中 慎吾
卒業年次 平成14年卒
専門分野  泌尿器一般
認定  日本泌尿器科学会 専門医・指導医

【泌尿器科医員】 中村 友哉
卒業年次  
専門分野  泌尿器一般
認定  

社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部
福岡県済生会八幡総合病院

  • TEL093-662-5211
  • FAX093-671-3823
  • 〒805-0050 福岡県北九州市
    八幡東区春の町五丁目9番27号
  • 交通アクセス