診療体制

主な医療機器

済生会八幡総合病院では最新鋭、最先端の高度医療機器を積極的に導入して、
予防・診療・治療の一貫した医療体制を整え、大きな効果をあげています。

X線コンピュータ断層撮影装置(X線CT)
シーメンス旭メディックス株式会社 デュアルソースCT SOMATOM Definition Flash
東芝メディカルシステムズ株式会社 マルチスライスCT Aquilion64列システム

X線CTとは、X線を使って人体を1周するように撮影し、コンピュータ処理によって輪切り写真(断層画像)を得る装置です。通常の診察やX線写真ではわからない、体の内部や細かな部位を描出することが可能です。さらに高性能コンピュータ(ワークステーション)により精緻な3次元画像を高速に作成することも可能です。頭頚部、胸部、腹部、心・血管、脊椎、四肢と、全身あらゆる部位の診断に用いられ、画像診断の主流となっています。

MRI(核磁気共鳴画像診断装置)
GEヘルスケア・ジャパン株式会社 3.0テスラ、1.5テスラ超伝導MRI  signa EXCITE HD

MRIとは、核磁気共鳴(NMR:Nuclear Magnetic Resonance)という物理現象を応用した画像診断装置です。大きな電磁石の中に入り、ラジオの周波数と同程度の電波を体に当て、反射して返ってくる微弱な電波をコンピューター処理することによって輪切り写真(断層画像)を得る装置です。X線CTに比べ検査にやや時間(10分から1時間程度)がかかりますが、体への悪影響はほとんどなく、様々な角度の画像を作ることができ、X線CTとは異なる情報を得ることができます。2012年5月16日より2台目として3テスラMRI装置による画像診断が始まっております。1.5テスラMRI装置より磁場強度が2倍になったため、高いSNR(高解像度)画像の撮影が可能となり細かな病変を撮影でき更に多彩な画像処理も行え、より高度な画像情報を得ることができます。MRI装置2台体制となり患者様の待ち時間短縮もできるようになりました。
当院では24時間体制で検査可能です。

血管撮影装置
GEヘルスケア・ジャパン株式会社 Innova3131IQ

高性能なフラットパネル方式なのでX線被ばくも非常に少なく最小限の線量で高画質撮影を可能にした装置です。X線発生器と検出器を回転させながら撮影することにより、3次元画像を作ることが可能です。
全身の検査に対応しています、X線発生機が2機あるので同時に2方向の撮影が可能です。
撮影だけではなく血管内治療(IVR:Interventional Radiology)も行っています。

血管撮影装置
株式会社 島津製作所 DIGITEX Safire HF

カテーテルと呼ばれる細い管を使って、心臓を栄養する左右の冠動脈を造影して血管の状態を調べたり、血管を広げるための治療などを行うための装置です。緊急対応は勿論のこと、常に安定した状態で検査が行えるよう機器のメンテナンスを心がけています。

核医学診断用検出器回転型SPECT装置 デジタルガンマカメラ
東芝メディカルシステムズ株式会 Symbia™ E(シンビア・イー)

放射線を放出する放射性医薬品を体内に投与して、生体内の様々な機能を画像化し、診断を行う検査です。2011年4月に新たに装置が更新されました。

乳がん検査機器(マンモグラフィー)
東芝メディカルシステムズ株式会社 Mammorex MGU-100D

マンモグラフィーとは、乳房を板で挟みこみX線で撮影することで、乳がんの有無を調べる検査です。乳がん検診でも行われる検査ですが、当院では、より精度の高い撮影を行い、医師の診断、超音波検査、乳房MRIと併せて、乳がんの早期発見、早期治療に結びつけています。

骨塩密度測定装置
ホロジック社 Discovery

骨塩密度測定装置とは、骨の丈夫さの指標である骨塩量(骨量;骨の中のカルシウムをはじめとしたミネラルの量)とその密度(骨密度)を測定する機械です。 X線を用いて体の様々な骨を調べる検査で、痛みもなく短時間で測定することができます。骨塩量あるいは骨密度が低くなりすぎると骨がもろくなり、骨折の原因となる骨粗しょう病という病気になってしまいまが、骨塩密度測定装置は骨粗しょう病の予防と治療のために欠かせない装置です。

体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)
リチャード・ウルフ社(ドイツ)製

体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)とは、腎臓や尿管にできた結石を、体外から衝撃波を加えて細かく砕くことで、尿と一緒に排出できるようにする装置です。以前は腎結石や尿管結石の治療には、手術や内視鏡など体に負担がかかる方法が必要でしたが、ESWLの登場により、結石の大きさや種類によっては体の負担がかからない方法で排出することができます。

社会福祉法人 恩賜財団 済生会
済生会八幡総合病院

  • TEL093-662-5211
  • FAX093-671-3823
  • 〒805-0050 福岡県北九州市
    八幡東区春の町5丁目9-27
  • 交通アクセス