診療体制

放射線科

各科と密接に連携をとりながら
画像診断・画像検査を治療に応用した
インターベンションをおこなう
院内で重要な診療部門。

放射線科は画像診断(CTMR、核医学検査(RI)、単純X線検査、血管造影)と画像検査の技術を治療に応用したインターベンション(IVR)を各科と密接に連携をとりながら行っており、院内で重要な診療部門です。
常勤医師3名(放射線科専門医2名)体制で診療にあたっています。

年間の検査件数は、CT 約11000件、MR 約7000件、RI 約200件、血管造影/IVR 約300件で、CT,MR,RIは全例、放射線科専門医が読影しています。夜間救急症例についても遠隔画像診断システムを用いて、院外読影支援を行っています。

主な放射線機器について、CTとMRはともに2台体制で、CTはデュアルソースCTと64列マルチスライスCT、MRは高磁場3T(テスラ)装置と1.5T装置が稼働しています。
当日依頼の検査や救急症例にも対応しており、脳血管障害が疑われる場合は、頭部MRI・MRA(MR血管撮影)やCT・CTA(CT血管撮影)を積極的に施行し、急性腹症(急性虫垂炎・消化管穿孔・胆嚢炎など)、急性大動脈症候群(大動脈解離・大動脈瘤など)が疑われる場合は、救急室に設置されているデュアルソースCTで迅速に検査を行っています。
超高速撮影で、非常にわずかな放射線被爆線量で撮影可能なデュアルソースCTを用いて、循環器内科と協力して冠動脈CTも行っています。血管造影やIVR治療も、3次元/コーンビームCTを搭載したフラットパネル血管造影装置で対応しています。

主な対象疾患

  • 放射線診断全般
  • 血管造影・IVR

スタッフ紹介

【放射線科主任部長】 赤司 一義
卒業年次 平成7年卒                            
専門分野 放射線診断全般、血管造影・IVR
認定  日本医学放射線学会放射線診断専門医
IVR専門医
検診マンモグラフィー読影認定医

【放射線科部長】野見山 弘行
卒業年次 平成11年卒                            
専門分野 放射線診断全般、血管造影・IVR
認定 日本医学放射線学会放射線診断専門医
IVR専門医
検診マンモグラフィー読影認定医
肺がんCT検診認定医

【放射線科医員】岸川 浩尚(ヒロタカ)
卒業年次                            
専門分野 放射線診断全般
認定                                                                      

画像診断の予約やお問い合わせ

ご予約やお問い合わせにつきましては下記にて承ります。
地域連携室
TEL:093-671-2339(直通)
FAX:093-662-5226(直通)

全国IVR症例登録事業参加について

当院は、日本IVR(インターベンショナルラジオロジー)学会の全国IVR症例登録事業に参加しております。
詳細につきましては、下記PDFをご覧ください。

日本IVR学会とは

日本IVR学会ホームページ http://www.jsir.or.jp/(外部サイト)をご覧ください。

社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部
福岡県済生会八幡総合病院

  • TEL093-662-5211
  • FAX093-671-3823
  • 〒805-0050 福岡県北九州市
    八幡東区春の町五丁目9番27号
  • 交通アクセス