病院紹介

沿革

済生会八幡総合病院は、大正15年12月に現所在地(当時八幡市徳広町三丁目)にて着工し、昭和2年4月29日「天長の佳節」に、救療機関「済生会八幡診療所」として発足しました。その3年後(昭和5年2月)には病床20床の「済生会八幡病院」となり、市民の診療と共に明治天皇の済生勅語の実践として、無医地区の巡回診療などを行ないました。 昭和22年9月、地元の要請により八幡西区陣ノ原に折尾病院、昭和28年2月に八幡東区白川町に枝光病院を分院として開設して地域医療に貢献しました。昭和27年12月に病床数が96床に増え、さらに昭和30年4月、東棟本館の増設をして210床となりました。昭和35年より公衆衛生予防活動として、毎日新聞西部社会事業団と連携して、西日本初の職場胃集団検診組織「胃を守る会」を創設し、病院外での医療活動にも積極的に取り組みました。 昭和42年に脳神経外科を開設し、今や日本有数の脳疾患手術施設に成長しています。昭和43年に、九州で初めての人工腎臓設備を導入して、西日本で最初に慢性腎不全患者の透析治療を開始しました。さらに昭和47年には、西日本地区の一般病院として、初の生体腎移植に成功しました。 昭和48年の病院火災は、痛恨の大参事だったが、地域の方々と全国の済生会の人々に支えられ再建を果たすことができました。 昭和50年以降は、積極的に高度先進医療機器を導入し、麻酔科や放射線科などの専門診療科を増設して医療水準の向上に努めると共に、病棟や駐車場を整備して病床数を435床としました。また、同年4月に北九州市立八幡西養護学校床上学級を小児科病棟に開校し、翌53年1月から北九州市の委託による小倉北区藍島、馬島の離島診療を開始しました。 昭和62年9月1日に、病院名を現在の「済生会八幡総合病院」に改称しました。 平成8年8月には、地域の高齢化に対応するため、介護老人保健施設「済生会くれたけ荘」を開設、平成17年に訪問看護ステーション「ひまわり」を開設しました。 平成20年には、病院職員の子育て支援を目的として、院内(西棟3階)に「なかよし保育所」を開設、病床数を403床としました。平成21年2月からDPC対象病院となり、9月には、外国医師臨床修練病院に指定され、10月にモンゴル健康科学大学、平成22年6月にはスーダン・ハルツーム大学との間で医療分野における交流に関する協定書を交わし、国際医療活動についても積極的に取り組んでまいりました。 平成23年3月、東日本大震災により被災された地域への支援物資の輸送を行ない、同年9月には老朽化が進む病院の改修ならびに新築移転問題に対し建設事務局を設置しましたが、平成24年12月に済生会本部の指導により、新築移転を凍結する結果となりました。 平成25年3月、「救急医療センター」「地域・在宅医療支援センター」「看護師雇用対策室」「学術推進本部」「環境管理センター」を廃止するとともに、同年6月より院長に就任した北村昌之医師のもと、病院再建に向けた取り組みを開始しました。平成25年7月、「基本理念の制定」「幹部会議及び運営会議」「各種委員会等意思決定・諮問機関の整備」「総合相談センター」を始めとする院内組織の整備を行ない、「外来医薬品の院外処方」等を行ないました。平成26年1月に「総合診療科」を新設、3月に「婦人科」を廃止としましたが、チーム医療をスタートさせ、8月には「緩和ケア病棟」「高齢者急性期ケア病棟」「域包括ケア病棟」を新設しました。12月に栄養科の給食業務を委託としました。 27年4月より、「血管外科」を新設し、11月より電子カルテの導入、12月に回復期リハビリテーション病棟を新設しました。 平成27年11月に西棟の耐震診断の結果が出て、当院は近い将来、現地建替えあるいは移転新築のいずれかを採ることになりましたが、これも当院をプラスの方向に導く要因として受け止めています。済生会八幡総合病院も創立90周年を迎えますが、少子高齢化の進展や著しく変化する政治・経済・社会情勢の中、これからも厳しい道を進むことになると思われます。これからも全職員が済生会の使命を銘記し、地域の発展に寄与してまいります。

年譜

昭和 2年 八幡診療所として発足
昭和 5年 病床20床を有し病院に昇格、済生会八幡病院として開院。 
昭和22年 地元の要請をうけ八幡西区陣ノ原に折尾病院を分院として開設。(昭和48年閉院)
昭和27年 診療の充実、地域医療の発展に取り組み増築を重ね病床数を96床に増床。
昭和28年 八幡東区白川町に枝光病院を分院として開設。(昭和46年閉院)
昭和30年 鉄筋コンクリート造り地下1階地上4階の東棟本館を増築し病床数を210床に増床。
昭和35年 公衆衛生予防活動として西日本地区で最初の胃集団検診を実施する。
昭和42年 脳神経外科開設。病床数320床に増床。
昭和43年 九州で初めての人工腎臓設備を導入し腎不全患者の透析治療を開始。
昭和47年 西日本地区の一般病院で最初の生体腎臓移植に成功。
昭和50年 病床数435床に増床。
      北九州市立八幡養護学校床上学級を小児病棟に開校。
昭和53年 北九州市の委託で小倉北区藍島、馬島の離島診療を開始。
昭和54年 開院50周年記念式典。
昭和55年 CAPD(連続携行式腹膜透析)導入。
昭和57年 献腎移植を施行。
昭和62年 済生会八幡総合病院と改称。
平成 元年 東棟増改築に伴い新病棟建築工事の着工。
平成 4年 新病棟完成。落成記念式典。
平成 8年 八幡東区中尾町老人保健施設済生会「くれたけ荘」を開設。 
平成17年 訪問看護ステーション「ひまわり」開設。
平成19年 財)日本医療機能評価機構認定病院(Ver.5)
平成20年 院内託児所「なかよし保育所」開設。病床数403床に減床。       
平成21年 外国医師臨床修練指定病院に認定。
      DPC導入。 
平成22年 ISO14001認証取得。
      地域・在宅医療支援センター開設。 
      歯科・歯科口腔外科開設。      
      救急医療センター開設。
平成23年 救急医療センター新設。
      医療会計・オーダリングシステム稼働。
      建設事務局開設。
      カルテ庫・更衣室新築。
      検査室ほか院内整備工事。
平成24年 病院機能評価(Ver.6)取得。     
平成25年 経営改善委員会新設。
      救急医療センター廃止。
      地域・在宅医療支援センター廃止。
      看護師雇用対策室廃止。
      学術推進本部廃止。
      環境管理センター廃止。
      院外処方の実施。
平成26年 総合診療科新設。
      婦人科廃止。
      緩和ケア病棟・高齢者急性期ケア病棟・地域包括ケア病棟を開設。
      栄養科の給食業務を外部へ委託。
平成27年 血管外科を開設。
      電子カルテ導入。
      回復期リハビリテーション病棟開設。
      業務改善委員会新設。

社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部
福岡県済生会八幡総合病院

  • TEL093-662-5211
  • FAX093-671-3823
  • 〒805-0050 福岡県北九州市
    八幡東区春の町五丁目9番27号
  • 交通アクセス