VRE発生の報告と対応について

                                      令和3年10月15日
       

                               社会福祉法人恩賜財団済生会支部 
                                 福岡県済生会八幡総合病院院長
                                    北村 昌之    


  拝啓
   時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は医療連携を通じて格別のご高配を賜り
  厚く御礼申し上げます。
   さて、この度9月28日当院入院患者の便からVREが検出されました。病院全体の広がりを把握
  するため、10月6日より11日まで病院閉鎖を行い、入院患者全員に対してスクリーニング検査を
  行いました。その結果、特定の2病棟で数名の患者からVREの発生が認められ、他の病棟には広
  がっておらず、北九州市保健所との相談の上、当該病棟以外の病棟閉鎖は解除となりました。
   今後、保健所の指導の下、当該病棟の環境からのVRE駆除を行い、収束に向けての手順を踏ん
  でまいりたいと考えています。尚、VRE陽性の患者は、全員症状はなく、保菌者と判断していま
  す。今後、解放となった病棟(全員VRE陰性)からの退院や転院のお願いを、ご依頼することが
  あると思いますが、よろしくお願いいたします。ご依頼する患者さんは、VRE陰性で、その後の
  扱いも通常通りで、何らの措置もいらない患者さんです。
   ご迷惑とご心配をおかけしますことをお詫び申し上げます。
   引き続きご厚情を賜りたく、切にお願い申し上げます。
                                         敬具


社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部
福岡県済生会八幡総合病院

  • TEL093-662-5211
  • FAX093-671-3823
  • 〒805-0050 福岡県北九州市
    八幡東区春の町五丁目9番27号
  • 交通アクセス