平成27年度 済生会八幡総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 117 36 67 116 233 421 1,193 1,721 1,508 452
当院では、入院患者さんのうち、70歳以上の方が63%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080×1×××0×× 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術処置2なし 49 7.4 5.72 4.08% 1.8
040100×××××00× 喘息 手術処置2なし 定義副傷病名なし 21 7.1 6.31 0.00% 2.2
040070×××××0×× インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術処置2なし 15 7.5 5.54 0.00% 3.5
小児科では、肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎が最も多い症例です。全国平均に比べて平均在院日数が少し長くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100××03××0× 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病名なし 118 2.7 2.76 0.00% 69.1
040081××99×00× 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 115 23.3 21.69 2.60% 83.9
040080×099×0×× 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術処置2なし 82 20.5 14.34 11.00% 80.0
外科では、小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)、誤嚥性肺炎の患者様が多く、小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)の在院日数は全国平均とほぼ同じです。誤嚥性肺炎、肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)の患者様は高齢者の方が多く、在院日数は全国平均よりやや長くなっています。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180××97××0× 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 定義副傷病名なし 218 2.1 3.46 0.00% 67.0
050170××03000× 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術処置1-なし、1あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし 63 5.2 5.99 7.90% 74.1
050170××99000× 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 35 10.1 8.84 11.40% 76.9
血管外科では、静脈・リンパ管疾患の症例が突出して多くなっています。静脈・リンパ管疾患の在院日数は全国平均より短くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690××99××0× 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病名なし 73 32.0 21.52 26.00% 81.5
160800××01×××× 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 47 33.1 28.70 76.60% 83.0
070290×××××××× 上肢関節拘縮・強直 31 39.5 12.30 3.20% 63.5
整形外科では、胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)の症例が最も多く、上記の3症例の在院日数は全国平均より長くなっています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020×××××××× 帯状疱疹 20 8.8 8.97 0.00% 66.9
080007××010××× 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術処置1なし - - 4.38 - -
080011××99×××× 急性膿皮症 手術なし - - 11.97 - -
患者数等の非表示「-」は、症例数が10症例以下です。皮膚科では帯状疱疹の症例が最も多く、在院日数は全国平均とほぼ同じです。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080××991××× 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等1あり 61 2.2 2.72 0.00% 70.7
110310××99×××× 腎臓または尿路の感染症 手術なし 41 12.4 12.60 9.80% 72.6
110070××0200×× 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術処置1なし 手術処置2なし 40 9.3 7.59 2.50% 74.4
泌尿器科では、前立腺の悪性腫瘍の症例が最も多く在院日数は全国平均より短くなっています。膀胱腫瘍の症例では全国平均より長い在院に数となっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110××97×××0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 203 3.1 3.01 0.00% 76.2
020110××97×××1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 26 7.0 8.42 0.00% 78.8
020160××97×××0 網膜剥離 手術あり 片眼 13 12.7 11.08 0.00% 59.0
眼科では、白内障や水晶体の疾患症例が多く、片眼の場合、通常2泊3日で手術を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×099030× 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術処置1なし 手術処置2-3あり 定義副傷病名なし 251 17.0 18.08 26.30% 74.7
010060×099000× 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 173 16.7 15.80 13.30% 75.6
010030××01×00× 未破裂脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部クリッピング等 手術処置2なし 定義副傷病名なし 110 13.3 16.15 2.70% 64.6
脳神経外科では脳梗塞の症例が最も多く在院日数は全国平均とほぼ同じです。
腎センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280××99000× 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 66 15.0 13.64 9.10% 65.2
180040××01×0×× 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術処置2なし 38 16.2 13.14 10.50% 68.3
110280××02×00× 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術処置2なし 定義副傷病名なし 28 13.7 9.71 3.60% 66.6
腎臓内科では、慢性腎炎症候群、慢性間質性腎炎、慢性腎不全の症例が最も多く、上記の3症例の在院日数は全国平均よりやや長くなっています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130××99000× 心不全 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 31 25.0 18.30 3.20% 81.0
050050××99100× 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術処置1-1あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし 21 6.1 3.07 4.80% 71.1
040081××99×00× 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 13 30.1 21.69 15.40% 81.2
循環器科では、心不全の症例が最も多く、上記の3症例の在院日数は全国平均よりやや長くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 16 - - 28 - 25 UICC 7
大腸癌 12 - 24 15 - 86 UICC 7
乳癌 - - - - - - UICC 7
肺癌 - - - - - 20 UICC 7
肝癌 - - - - - 29 UICC 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
初発の5大癌の中、当院で最も多い症例は胃癌および大腸癌になっています。病期分類では進行癌(Ⅱ期以上)の割合が高く、再発の症例でも大腸癌が最も多くなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 35 13.8 77.3
重症度 2 39 19.9 84.4
重症度 3 14 35.7 83.3
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
成人市中肺炎では重症度1~3に症例が集中しており、重症度が高くなるにつれ入院期間が長くなります。成人市中肺炎の患者は高齢の方が多く、入院期間も長くなる傾向があります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 462 20.2 75.3 25.97%
その他 44 22.2 78.0 25.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 86 13.7 72.2 2.33%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 17 15.0 68.4 5.88%
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞の分類では、「I63$」に分類される症例が最も多く、その内、発症してから3日以内の早期入院がほとんどで全体の91%を占めています。平均年齢は75歳以上の高齢者の方が多くなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 121 3.4 1.6 0.0% 69.3
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 66 2.1 10.5 15.2% 83.0
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 38 1.6 6.3 0.0% 59.1
内視鏡による結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2センチメートル未満)が最も多く、次いで、内視鏡的胆道ステント留置術、腹腔鏡下胆嚢摘出術となっています。
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 196 1.0 1.0 0.0% 67.3
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 85 4.0 7.3 16.5% 75.3
K6146 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 33 3.7 19.2 15.2% 75.4
下肢静脈瘤血管内焼灼術が最も多く、次いで、四肢の血管拡張術・血栓除去術となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 42 4.1 36.2 54.8% 81.3
K076-01 観血的関節授動術(肩) 27 1.9 37.0 3.7% 64.0
K081-01 人工骨頭挿入術(股) 21 6.6 32.8 57.1% 87.0
大腿骨骨折の観血的手術が最も多く、次いで、肩関節の観血的関節受動術、股関節の人工骨頭挿入術となっています。大腿骨骨折は高齢者の方が多く、半数以上の方が転院後もリハビリテーション等の継続した治療を受けられています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2センチメートル以上4センチメートル未満) 5 1.0 1.2 0.0% 54.6
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 3 1.0 4.3 33.3% 80.7
K0051 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2センチメートル未満) 2 1.0 1.0 0.0% 39.5
皮膚科は他の診療科に比べて手術の症例数は多くありません。皮膚・皮下腫瘍摘出術や皮膚の悪性腫瘍切除術を行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 34 2.1 5.1 0.0% 72.4
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 22 2.2 3.5 0.0% 64.4
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 20 1.8 6.0 5.0% 77.9
膀胱の悪性腫瘍手術(経尿道的)が最も多く、次いで、経尿道的尿路結石除去術となっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 228 1.0 1.6 0.0% 76.5
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 25 1.1 6.2 0.0% 62.6
K2684 緑内障手術 緑内障治療用インプラント挿入術(プレートのないもの) 7 1.0 11.6 14.3% 73.9
水晶体再建術が最も多く、片眼の場合、通常2泊3日で手術を行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 102 1.8 13.5 5.9% 65.2
K1742 水頭症手術(シャント手術) 82 3.1 11.5 8.5% 78.6
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 69 4.8 12.3 13.0% 75.7
脳動脈頸部クリッピング(1箇所)が最も多く、次いで水頭症手術(シャント手術)、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術となっています。
腎センター
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 82 4.8 13.0 7.3% 68.9
K4642 副甲状腺(上皮小体)腺腫過形成手術 副甲状腺(上皮小体)全摘術(一部筋肉移植) 22 2.9 11.0 0.0% 56.6
K607-3 上腕動脈表在化法 10 3.9 12.3 0.0% 73.5
内シャント又は外シャント設置術が最も多く、次いで、副甲状腺(上皮小体)全摘出術、上腕動脈表在化法となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 18 0.31%
異なる - -
180010 敗血症 同一 27 0.46%
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 14 0.24%
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 99 1.69%
異なる - -
合併症は、どの手術、どの患者さんにも一定確率で発生し得るものです。主な合併症は、出血や感染症などが挙げられます。
更新履歴
2016.09.30
平成27年度病院情報を公開しました。